ヘルプを開く   MOBOTIX M1 ヘルプ

アクション コントロール

Actionsダイアログはイベントに対してどのようにカメラが応答するか管理します。

Signal Out Actionダイアログではユーザ定義イベントを設定することも可能です。

また、メッセージ送信およびメッセージ送信 2画面で特別なメッセージを指定できます。各画面で異なるイベントを選択して、それぞれのイベントに異なるメッセージを送信できます。


共通設定

アクションプロフィール

はじめてカメラを設置するときには、全体が出荷時設定されているのですべてのイベントが認識されます。

オプション 説明
アクションプロフィールを使用可にする このオプションを使用すると、設定が失われることなく(一時的に)メッセージプロフィール全体を停止できます。
タイムテーブルプロフィール

このダイアログで定義したメッセージを時間コントロールで有効にするには、タイムテーブルプロフィールを選択する必要があります。メッセージプロフィールを使用可能に設定します。

アクションデッドタイム このパラメータで設定した時間内にアクションが開始することはありません。
イベントの選択

リスト中の必要なイベントだけハイライト表示することにより、カメラが新規アクションを開始するイベントの数を制限することができます。この場合、以下に述べるアクションはハイライト表示されたイベントだけに反応します。

注意: ここでの選択はカメラ内部の画像ストレージやファイルサーバの画像には影響しません

アクション

デジタル信号出力アクション(SO) 設定された期間デジタル信号出力(ピン1-5)を閉じます。
デジタル信号出力を正しく設定するために、このオプションをオフにして必要な設定をSignal_Out_Actionダイアログで入力します(WebおよびBasicカメラにはありません)。
注意: Signal Out Actionを起動する前に、LED Setupダイアログ(出荷時設定)のSignal Outputドロップダウン セレクタでEventが選ばれていることを確認しておきます。もし必要であれば、別のメッセージアクションをメッセージ送信ダイアログで設定することができます。
ファイル転送アクション (FT)

FTPサーバに画像を送ります。FTPプロフィールダイアログで作成したプロフィールの1つを選びます。

メッセージ送信 2ダイアログでは2番目のFTP転送(FT2)を設定できます。

ビジュアルアラーム (VA)

イベント発生時にライブ画像が強調表示されます。ビジュアル効果用としてEffectカラー継続時間を設定できます。

追加手段として、イベントの確認(手動)とビジュアル アラームの除去用にアラーム確認を起動することもできます。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。

Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

en, jp

© 2001-2019 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/